THE BEATLES
[ Complete John Barrett Tapes ]
DATE -
PLACE -
LABEL MC
CODE mccd-480_4
SOURCE Soundboard
TYPE 5CD
PRICE ¥ 9,980
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:

《 Products Information 》

マニア必携Mクローデル・レーベルより、いよいよジョンバレット・テープがリリースになります!! 今まで様々なタイトルがリリースされていたものの、どれもベストの状態とは言い難く、また編集にコンセプトがないものばかりでした。そしてこれが肝心な点なのですが、曲前後のスタジオの様子などがカットされていたり、タイトルによって同じテイクでも長短があったりと、それら全てをベストテイクで網羅した満足のいくものがありませんでした。そんな杜撰なタイトルが乱発されている中で、そのどれもが何かしらの問題を抱えており、おそらく超マニアの方でもその全貌を把握している方は少なかったのではないでしょうか。本作は、そんな混沌としたバレットテープのベストタイトルとして、本人がいない今、未来永劫ベストタイトルとして君臨するであろうものです。内容的にも初心者にはアウトテイクのとっかかりとして、マニアにはバレットテープの総決算として、いずれも満足のいくものであると自負しています。

まず、そもそもジョン・バレット・テープとはどういうものなのでしょうか。ジョンバレットとは、60年代後半からアビーロード・スタジオのエンジニアとして長く従事しており、「ジ・インナーライト」のバランス・エンジニアを務めるなど、ビートルズのメンバーとも一緒に仕事をしていた人物です。このジョンバレットが、不幸なことに、1980年、癌であることが判明します。そこで治療に専念するためレコーディング現場を離れることになりました。しかし、治療以外は病床で暇を持て余すジョンバレットに、何かよいアイデアがないかと、アビーロード総支配人のケンタウンゼントが思案し、アビーロード・スタジオのビートルズのテープ・ライブラリーの記録を作ってもらったらどうだろうか、それだと病床でも充分に作業が出来る、何よりジョンバレットに最もふさわしい仕事ではないかと提案します。

そこで、ジョンバレットはアビーロード・スタジオの倉庫にあるビートルズの全マスターテープに耳を通し、その詳細を記録したのです。このジョンバレットの記録は、その後のビートルズ研究において重要な叩き台となっています。その成果として、まず1982年12月にリリースされたEMIのシングル・コレクション・ボックスで、各トラックの録音日が初めて明記されました。1983年にはアビーロード・スタジオが改装され、その際に公開された「ビートルズ・アット・アビーロード」、リリース直前でお蔵入りとなった未発表アルバム「セッションズ」、そしてマークルイソンが著した「レコーディング・セッション」など、ジョンバレットの綿密な調査と記録から派生した様々なプロジェクトが進行し始めました。これらの過程において、ジョンバレットが自らマスターよりコピーしたのが、いわゆる今日に伝わる「ジョンバレット・テープ」と呼ばれるものです。なおジョンバレット本人は1984年に死去しています。

ジョン・バレット・テープは、ビートルズの全時代に渡って音源が収録されていますが、その中でもまとまったものとしては1983年のアビーロード・ショウの音源、そして1970年グリンジョンズ・ミックスによるゲットバックが挙げられます。また「I Will」と「That Means A Lot」のレコーディング・セッションも、ジョンバレットテープによってまとまって流出したものです。

今までまとまった形のものがなかったジョンバレット・テープを、初めてベストな状態で完全収録したタイトルが本作です。音質そのもののクオリティはもちろんのこと、曲前後の様子まで、既発盤と比べて過去最長収録。数多くリリースされてきたジョンバレット・テープの乱発に終焉を告げる、質量ともに決定盤というべき完成度です。ボーナストラックでは、最近発掘された「Misery」「Can’t Buy Me Love」「She’s A Woman」のアウトテイクを追加収録しています。美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。スリップケース付。

 

DISC ONE
SESSION TAPE #
1
01. She Loves You RS1
02. She Loves You RS2
03. Strawberry Fields Forever RM 3 from Take 7 complete mono mix of take 7
04. Strawberry Fields Forever RM 9 from Take 26 new vocal

SESSION TAPE #2
05. This Boy RS15

That Means A Lot remake session
06. That Means A Lot Take 20 remake
07. That Means A Lot Take 21
08. That Means A Lot Take 23
09. That Means A Lot Take 24
10. That Means A Lot test

Penny Lane remixes
11. Penny Lane RM8 complete oboe version
12. Penny Lane RM9
13. Penny Lane RM10

SESSION TAPE #3
14. Mr. Moonlight Take 4 RS1
15. Mr. Moonlight Take 4 RS2
16. Ob-La-Di Ob-La-Da Take 5
17. What You're Doing Take 11 unedited

SESSION TAPE #4
18. From Me To You stereo mix of 45
19. From Me To You 1982 stereo remix
20. Thank You Girl Take 14 w/edit from Take 30
21. Thank You Girl called Take 30
22. Yes It Is RS1

I Will session 1968 9/16
23. Down In Havana
24. Step Inside Love
25. Los Paranoias
26. The Way You Look Tonight
27. Improvisation
28. Can You Take Me Back

SESSION TAPE #5
29. It's All Too Much Mono long version
30. It's All Too Much Stereo long version

DISC TWO
SESSION TAPE #6
01. That Means A Lot RS 1 from Take 1 dry mix
02. That Means A Lot chat + end of Take 2
03. Norwegian Wood Take 1
04. Norwegian Wood Take 2
05. Norwegian Wood Take 4
06. I'm Looking Through You Take 1
07. I'm Looking Through You Take 4
08. 12-Bar Original Take 1
09. 12-Bar Original Take 2

SESSION TAPE #7
10. How Do You Do It? unedited mono
11. One After 909 Take 2
12. One After 909 master edit of Takes 4 & 5
13. Leave My Kitten Alone Take 5
14. If You've Got Troubles alternative original stereo master
15. That Means A Lot mixed mono
16. Norwegian Wood Take 1
17. I'm Looking Through You Take 1
18. Not Guilty unaltered Take 102
19. What's The New Mary Jane remix w/overdubs
20. Come And Get It demo
21. Rip It Up - Shake Rattle And Roll
22. Kansas City - Miss Ann - Lawdy Miss Clawdy
23. Blue Suede Shoes
24. Cannonball - Not Fade Away - Hey Little Girl - Bo Diddley
25. Mailman Bring Me No More Blues
26. 12-Bar Original Take 2 1965 mono mix

DISC THREE
“LIVE AT ABBEY ROAD” VIDEO EXTRACTS 1983

01. Love Me Do Take 18
02. How Do You Do It? Take 2
03. I Saw Her Standing There Take 2, 11 & 12
04. Twist And Shout Take 1 RS1
05. One After 909 Take 4
06. Don't Bother Me Take 11 & 12
07. A Hard Day's Night Takes 2, 3 & Take 9 RS2
08. Leave My Kitten Alone Take 5
09. I'm A Loser Take 8
10. She's A Woman Take 1
11. Ticket To Ride Take 2
12. Help! Take 5
13. Norwegian Wood Take 1
14. I'm Looking Through You Take 1
15. Paperback Writer Take 2 RS3
16. Rain Take 7 RS1
17. Penny Lane Take 9 RS1
18. Strawberry Fields Forever Take 1, 7 & 26
19. A Day In the Life with count-in
20. Hello Goodbye Take 22 RS2
21. Lady Madonna Take 4
22. Hey Jude Take 9
23. While My Guitar Gently Weeps Take 1
24. Because Take 7
25. #9 Dream spoken intro by Ringo

Bonus Tracks
26. Misery Take 8
27. Misery Take 9
28. Can't Buy Me Love Take 2
29. Can't Buy Me Love Take 3
30. Can't Buy Me Love Take 4
31. She's A Woman Take 3
32. She's A Woman Take 4
33. She's A Woman Take 5

DISC FOUR
JOHN< RINGO AND GEORGE SOLO SESSION

01. Slow Blues Jam
02. Fast Rocker
03. The Wishing Book
04. Nashville Freakout
05. Stormy Weather
06. Octopus's Garden
07. Wine, Women, Loud Songs
08. Coochy Coochy
09. I Live For You
10. Dera Dera Doon
11. Gopala Krishna
12. Going Down To Golders Green
13. Get Back George's demo for Doris Troy
14. Pete Drake's Talking Steel Guitar

DISC FIVE
SESSION TAPE #8

01. Teddy Boy RS1 by Glyn Johns
02. Teddy Boy RS1 by Phil Spector
03. Old Brown Shoe Take 2
04. All Things Must Pass Take 2

“GET BACK” album PRODUCED by GLYN JOHNS 1970
05. One After 909
06. Rocker
07. Save The Last Dance For Me
08. Don't Let Me Down
09. Dig A Pony
10. I've Got A Feeling
11. Get Back
12. Let It Be
13. For You Blue
14. Two Of Us
15. Maggie Mae
16. Dig It
17. The Long And Winding Road
18. I Me Mine
19. Across The Universe
20. Get Back (reprise)

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.