ART GARFUNKEL
[ Double Helix Perpetual #1 -2014 Tokyo 1st Night- ]
DATE
PLACE Shibuya Public Hall, Tokyo, Japan
LABEL XAVEL
CODE xavel-262
SOURCE Audience
TYPE 2CDR
PRICE ¥ 4,480
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:

《 Products Information 》

◆収録内容=2014年12/10 渋谷公会堂公演
◆音源=オリジナル・オーディエンス・ソース

アート・ガーファンクルの2014年来日ツアーより、東京公演初日(12/10渋谷公会堂)を極上音質のオーディエンス録音にて完全収録。 XAVELレーベル・オリジナルの高品質なマスターに24bitデジタル・リマスタリングを施した最高音質盤。 S&Gの名曲群に加え、ソロ作品や多彩なカヴァーナンバーで真摯な歌唱を聴かせてくれた魅惑の宵のパフォーマンスを、“別次元のオーディエンス録音”と形容して差し支えない珠玉のサウンドでとらえたファン感涙のアイテムです。

2部構成でおこなわれたステージは、アート節全開のビリー・ジョエルのカヴァー「And So It Goes」で幕を開け、2曲目で早くも「The Boxer」が演奏されると会場は割れんばかりの拍手喝采。 その後も珠玉のS&Gナンバー、ジョビンの「コルコバード」、ランディ・ニューマンの「Real Emotional Girl」などを、日本語通訳を迎えての興味深いトークをまじえながら、Tab Lavenのギター伴奏1本で歌い上げてくれました。 途中のトークでも語られている通り、あの「声」はある意味失われてしまったのかもしれませんが、全身全霊をかけて一音一音を丁寧に紡ぎ出すその姿は、シナゴーグで生涯を歌に捧げることを誓った幼き時代と全く変わることのない、不世出のシンガーの真摯な生き様をひしひしと伝えてくれる大変感動的なものです。

また、エヴァリー・ブラザースのカヴァー・パートから登場するアーサー・ジュニアの歌唱も秀逸で、「水曜の朝、午前3時」のハイ・トーンは往年のファンならずとも感涙必至、チャップリンの「スマイル」の説得力にも筆舌に尽くしがたいものがあります。 偉大なる父の模倣に陥ることのないその堂々たる歌唱からは、脈々と受け継がれる“DNAの二重螺旋”を目の当たりにする思いです。

この至福の一夜のステージを、おそらくほとんどのオーディエンスが当日会場で耳にした音響とは別次元の素晴らしすぎる音質で完全収録したのが本作。 当日の感動が完璧に蘇ってくるばかりか、現場では気づかなかった様々な発見があることでしょう。

◆Shibuya Public Hall, Tokyo, Japan 10th December 2014

(Disc 1)
01. And So It Goes [Billy Joel] / 02. The Boxer [Simon & Garfunkel] / 03. Perfect Moment / 04. A Heart in New York / 05. All I Know / 06. A Poem on the Underground Wall [Simon & Garfunkel] / 07. Scarborough Fair / Canticle [Simon & Garfunkel] / 08. Talk about “Three different stages of what it's like to be famous” / 09. Corcovado (Quiet Nights of Quiet Stars) [Antonio Carlos Jobim] / 10. The Side of a Hill [Paul Simon] / 11. Someone To Watch Over Me / 12. For Emily, Whenever I May Find Her [Simon & Garfunkel]

(Disc 2)
01. April Come She Will [Simon & Garfunkel] / 02. Real Emotional Girl [Randy Newman] / 03. Let It Be Me * [The Everly Brothers] / 04. Take a Message to Mary * [The Everly Brothers] / 05. Wednesday Morning, 3 A.M. ** [Simon & Garfunkel] / 06. Smile ** [Charlie Chaplin] / 07. Homeward Bound [Simon & Garfunkel] / 08. Talk about “What it's like to be a singer and how I began” / 09. Old Man River / Bright Eyes / 10. Talk about “My papa” / 11. 99 Miles From L.A. [Albert Hammond] / 12. The Sound of Silence [Simon & Garfunkel] / 13. Kathy's Song [Simon & Garfunkel] / 14. Bridge Over Troubled Water [Simon & Garfunkel] / Encore: 15. The 59th Street Bridge Song * (Feelin' Groovy) [Simon & Garfunkel] / 16. Devoted to You * [The Everly Brothers] / 17. Now I Lay Me Down to Sleep

* Duet with Arthur Jr.
** Sung by Arthur Jr.
Personnel; Art Garfunkel (Vocals), Tab Laven (Guitar) & Art Garfunkel Jr. (Vocals)

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.