PAUL McCARTNEY
[ OUT THERE OSAKA 2015 ]
DATE 20150421
PLACE Kyocera Dome Osaka, Osaka, JAPAN
LABEL SEE NO EVIL Records
CODE SNE-236
SOURCE Audience
TYPE 2CD
PRICE ¥ 3,280
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:

《 Products Information 》

まだ記憶にも新しい悲劇の公演キャンセルから1年、公約通りに大復活を遂げたポール・マッカートニーの、OUT THERE ツアーの2015年一発目、4/21京セラドーム大阪でのステージを高音質で完全収録です。

「カエッテ、キタゾーーーッ!!」と、完全復帰を猛アピールし、2013年のステージと何ら遜色のない高いポテンシャルでご機嫌なロックンロールを我々に聞かせてくれたポール。
前回の日本公演ではプレイされなかった“Magical Mystery Tour”やコンピューター・ゲーム「DESTINY」の為に書き下ろされた新曲“Hope For The Future”等、同じOUT THERE ツアーと言えども、やはり聴きどころが満載です。

今回、ポール及びバンドが所有する“Complimentary Seat (通称:コンプ席)”(*VIP、家族や親しい友人用に確保してある座席)を特別に外人サイドから提供して頂き、ドーム4公演全て同じブロック、同じ列、同じ座席番号にて収録。(大阪公演も座席割りは違いますが、東京公演と全く一緒の座席位置です。)
ですので、ドーム4公演通して、同じ質感を持つサウンド・クオリティとなっています。

また、収録された音は一切補正せずにそのままを収録。“Live and Let Die”でパイロが炸裂する関係上、 音量と音圧のみ最低限での補正をさせて頂きましたが、 それ以外については純度100%の、正に「あの時、あの場所、あの瞬間」に奏でられていた “Naturally & Warmy”な生きた(Live)音です。

サウンドチェック音源を含む3枚組や映像付き、そしてマトリックス処理を施された極上モノ等々も続々と リリースされると思いますが、セカンド・オピニオン的に当レーベルのタイトルもチョイスして頂けると幸いです。 損をさせないクォリティを保証致します!! どうぞお聞き逃し無く!!!
*通しナンバーリング入りです。



Recorded Live at Kyocera Dome Osaka, Osaka, JAPAN, April 21, 2015

DISC ONE

01. Introduction
02. Magical Mystery Tour
03. Save Us
04. Can't Buy Me Love
05. Jet
06. Let Me Roll It
07. Paperback Writer 08. My Valentine
09. Nineteen Hundred And Eighty-Five
10. The Long And Winding Road
11. Maybe I'm Amazed
12. I've Just Seen A Face
13. We Can Work It Out
14. Another Day
15. Hope For The Future
16. And I Love Her
17. Blackbird
18. Here Today
19. New 20. Queenie Eye
21. Lady Madonna

DISC TWO
01. All Together Now
02. Lovely Rita
03. Eleanor Rigby
04. Being For The Benefit Of Mr. Kite!
05. Something
06. Ob-La-Di, Ob-La-Da
07. Band On The Run
08. Back In The U.S.S.R.
09. Let It Be
10. Live And Let Die
11. Hey Jude
12. Day Tripper
13. Hi, Hi, Hi
14. I Saw Her Standing There
15. Yesterday
16. Helter Skelter
17. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

Paul McCartney (lead vocal, bass, piano, guitar, ukulele)
Rusty Anderson (guitar, bass, backing vocal)
Brian Ray (guitar, bass, backing vocal)
Abe Laboriel Jr. (drums, parcussions, backing vocal)
Paul “Wix” Wickens (keyboards, guitar, backing vocal)

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.