PAUL McCARTNEY
[ LANDMINE BENEFIT GALA 2001-2005 ]
DATE 2001-2005
PLACE Beverley Wilsire Hotel Beverly Hills California U.S.A. and more
LABEL MC
CODE mccd-433_6
SOURCE Soundboard
TYPE 4CD
PRICE ¥ 8,330
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:

《 Products Information 》

マニア必携Mクローデル・レーベルより、ポールのランドマイン・ベネフィット・コンサートがリリースになります。ランドマイン・ベネフィット・コンサートとは、ポールが2001年から2005年までの5年間、前妻のヘザーミルズと共に行なっていたチャリティ・イベントで、他では見られないポールと有名アーティストとの共演があったこと、そして毎回何らかのレアな曲を演奏するということで、非常に人気の高いイベントです。残念ながらヘザーとの離婚後はポールは関わりがないようなので、結果としてここに収録している5年分がランドマイン・ベネフィットの全てということになります。

大東亜戦争末期に日本で唯一地上戦があった沖縄では、米軍が鉄の暴風と呼ばれる激しい艦砲爆撃を行ない、現在でも大量の不発弾が沖縄の土地に残留、自衛隊の方々が都度処理にあたっています。しかしこれは沖縄に限ったことではなく、世界各地で、かつて戦場となった場所には、多くの不発弾、地雷などが放置されている現状があり、それがふとした拍子に爆発する事故が今でも多発しています。本土決戦の前に終戦を迎えたため、多くの日本国民にとっては意識することは希ですが、実はこのような不発弾の事故で四肢を欠損したり、命を落とす事故が、今現在でも世界の多くで起きているのです。ポールの元妻ヘザーミルズは、交通事故で義足を使うことを余儀なくされていたため、原因は違えど同様の環境にある人達、とりわけ子供たちに対し、何らかのチャリティを行ないたい、それがこのランドマイン・ベネフィットなのです。

ランドマイン・ベネフィットは通常のコンサートと異なり、ホテルのボールルームを借り切って、出席者はベジタリアン料理に舌鼓を打ちつつ、ランドマイン・ベネフィットの意義や、ポールその他のスピーチあり、世界の状況などをまとめたフィルム上映あり、そして活動報告あり、そして最後にミニ・コンサートが行なわれるという構成になっています。そのコンサートがとても貴重なもので、前半がゲスト・アーティストのソロ・ライヴ、後半がポールのソロ・ライヴという構成で行なわれ、その中で共演曲が設けられるという異色のコンサートなのです。しかも共演アーティストというのがポールサイモンであったり、ブライアン・ウィルソンであったり、ジェームズ・テイラーであったり、ニールヤングであったりと、豪華というだけでは足りないくらいの驚きの組み合わせで毎年行われていたのです。本作は、そんなイベント・コンサートを5年分、すべて収録したタイトルになります。

【2001年 with PAUL SIMON】
ポールのランドマイン・ベネフィット初参加がこの年になります。共演者はポール・サイモン。最初にポール・サイモンが4曲、「明日に架ける橋」「グレイスランド」「ザ・ボーイ・イン・ザ・バブル」、そして最後は「ミセス・ロビンソン」を歌いました。続いてポール・マッカートニーのステージは全5曲。何と言ってもこの年の目玉は、まだリリース前の「ドライヴィング・レイン」を初演している点です。翌年のツアーではニュー・アルバムのタイトル曲としてセットリストに入り毎回披露された曲ですが、それを遡ること1年、このイベントで初披露されたのです。まだ演奏はこなれていなく、アレンジも後のものとは異なり、ポールも歌い慣れていない、たどたどしい初演です。その他、ポール・マッカートニーのステージでは、当時書籍として発行された詩集「ブラックバード・シンギング」から、ジョンレノンの事件をテーマにした「Jerk Of All Jerks」という詩の朗読が挿入されています。そしてコンサートのシメは、ポール・サイモンとマッカートニー、二人のポールの共演による「夢の人」です。ポール・サイモンのイメージとぴったりのカントリー・アレンジの曲で、ヴォーカルは最初マッカートニー、次にサイモンと、まさに共演ならではの豪華リレーで歌われました。

なお、このランドマイン・ベネフィットの前日に、サイモンのソロ・コンサートが行なわれており、そこでもマッカートニーが飛び入りして、一足早く「夢の人」を共演しています。つまり2001年6月13日はサイモンのソロ・コンサート、6月14日はランドマイン・ベネフィット・コンサートと、2日連続で共演が行なわれたのです。本作は、この前日の共演「夢の人」も収録しています。

【2002年 with BRIAN WILSON】
この年の共演者はブライアン・ウィルソンです。60年代からお互い関係が深い二人ですが、意外や共演するのはこれが初めてのこと。最初はブライアン・ウィルソンのステージで、ビーチボーイズの曲を美しいコーラスに乗せて披露しています。注目はブライアンのステージ最後の「神のみぞ知る」でポールが共演した点です。ポールがインタビューにおいて、事あるごとに一番好きな曲のひとつとして挙げる「神のみぞ知る」。ポールは「この曲が自分の作ったものでないことに嫉妬を感じる」とまで述べているビーチボーイズの名曲を、初めてブライアン・ウィルソンと一緒に歌ったのです。最初ブライアンが歌い、その後ポールが引き継ぐヴォーカル・リレーで、ポールが歌った瞬間にものすごい歓声が沸き起こります。その後ポールがそのままステージに残り、9曲を演奏します。ちょうどこの時期ポールはBACK IN THE USツアーの真っ最中であり、そのためか、非常に素晴らしい演奏を披露しています。ポール・マッカートニーがブライアン・ウィルソンと「神のみぞ知る」を歌う、古くからのファンにとってこれほど驚きをもって迎えられた共演曲はないでしょう。まさにイベントならではの特別な1曲となりました。

【2003年 with JAMES TAYLOR】
この年の共演者はジェームズ・テイラーです。ご存知アップル・レコード所属のアーティストとしてビートルズのメンバーとは関係が深いアーティストで、お互いに影響を与えた古くからの友人です。ジェームズ・テイラーは基本的にアコースティックのステージ。ジョージハリスンが「Something」の歌詞で拝借した「Something In The Way She Moves」を始め、落ち着いた大人の雰囲気のステージです。続いてポールのステージは、これまた、あえて普通のツアーとは違うステージにしようという意気込みが感じられるもので、まず何と言っても耳目を引くのは「Great Day」です。後にも先にもこの曲をライヴで演奏したのはこの時のみ。非常にレアで貴重なライヴ・テイクです。アルバム「フレーミングパイ」は世間の評価もさることながら、ポール自身も快心の作であったと伝えられますが、その中に収録されている小品的な佳曲に、こうしてスポットを当ててライヴ演奏をする。おそらく通常のコンサートではけして演奏することがないであろう「Great Day」をこうして披露してくれるところに、このランドマイン・ベネフィットの面白さがあります。ポールがMCで「初めてライヴで演奏する曲を今からやろうか」と言うと会場が盛り上がりますが、曲が始まると、ほとんどの人はハテナがついて、反応はいまひとつ(笑)。

そして注目のジェームズ・テイラーとポールの共演は「Two Of Us」です。二人のハモリが美しい曲ですが、ジェームズ・テイラーはいくぶん先輩ポールに遠慮している様子。ジェームズ・テイラーはソロをとるではなく、終始ハモリを入れるのみと、少し物足りなさを感じますが、やはりそこはポールを立てているのでしょう。

なお、このディスクの最後には当日のサウンドチェックから「Great Day」と「Comfort Of Love」の2曲が収録されています。ライヴ初披露ということで入念に「Great Day」をチェックするのは当然として、なんと2005年「ファイン・ライン」のB面として発表された「Comfort Of Love」を、この時点でサウンドチェックで演奏している点が驚きです。

【2004年 with NEIL YOUNG】
この年の共演者はニール・ヤングです。これまでのランドマイン・ベネフィットは共演者とポールのステージは、だいたい半々の時間があてられていましたが、この年はニール・ヤングのステージは短めで、ポールのステージに比重が置かれています。ニール・ヤングはツアー中というわけではなかったのでバンドが付随せず、基本的にアコースティックのみで7曲を歌いました。途中、「Human Highway」と「Old King」には妻のペギ・ヤングが「共演」しています。そして春先に夏の欧州ツアーを終えたばかりのポールは、その延長でのセットリストで「In Spite Of All Danger」や新曲「Follow Me」の他、翌年のSPACE WITHIN USツアーに繋がる「Till There Was You」などを演奏しています。そして注目は共演曲です。なんとニール・ヤングのアルバム「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」収録の「Only Love Can Break Your Heart」を一緒に歌っているのです。この驚きの選曲。もっともメインで歌うのはニールヤングで、ポールはリードを採ることはありませんが、意外な選曲でのサプライズな共演として記録されるものです。そして最後「Hey Jude」では再びニールヤングとベギヤングが登場してステージを盛り上げます。

余談になりますが、この日の「Michelle」がグダグダの演奏で、曲の構成を間違えたポールが、バックの演奏とチグハグになってしまい、アウゥ〜とごまかしたりしています。バンド・メンバーはどのように進めていいかわからなくなり、ポールが合図をして演奏しながら曲の途中で軌道修正するという珍しいパターンが聴けます。

【2005年】
この年が結果的に最後のランドマイン・ベネフィットとなりました。しかも今までが全てロサンゼルスのホテルが会場となっていたのに対し、この年はドイツのデュッセルドルフのホテルで行なわれました。ドイツだけあって、会場にはクラウス・ヴアマンやジョージ・マーティンなども訪れました。この年はポールのステージは予定されておらず、普通のイベントのみとなっていました。コンサートの代わりにイリュージョンなどのショウが披露され、ポールはヘザーと共にスピーチのみの参加で、バンドも同行していませんでした。しかし、地元のバンドが演奏を始めるとポールもたまらなくなったのか、バンド抜きでひとり会場にあったピアノに座り「Let It Be」を歌ったのです。予定になかった当日のノリでの演奏なので、ほとんど記録にも残っておらず、あまり知られていませんが、実は1曲ここでも歌っていたのです。最初にポールが歌い、2番目を地元の無名バンドが歌うという微笑ましいバージョン。バンドがいないため、間奏はアコーディオンとポールのスキャットという、これまた珍しいアレンジなのも聴きどころです。

ポールがヘザーと共に出演していたランドマイン・ベネフィットのステージを、2001年から2005年まで完全収録。ゲストとの貴重な共演曲あり、この時しか演奏していないレア曲ありと、通常のツアーのステージとは異なる、いわゆる「ディナーショウ」形式のコンサートです。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

DISC ONE
BEVERLEY WILSIRE HOTEL BEVERLY HILLS CALIFORNIA U.S.A. June 14, 2001
SOUNDBOARD RECORDING
PAUL SIMON
01. Bridge Over Troubled Water
02. Graceland
03. The Boy In The Bubble
04. Mrs. Robinson

PAUL McCARTNEY
05. Yesterday
06. The Long And Winding Road
07. Driving Rain
08. Jerk Of All Jerks
09. Let It Be
10. I've Just Seen A Face with Paul Simon

AUDIENCE RECORDING
PAUL McCARTNEY

11. Yesterday
12. The Long And Winding Road
13. Driving Rain
14. Jerk Of All Jerks
15. Let It Be
16. I've Just Seen A Face with Paul Simon

June 13, 2001
17. I've Just Seen A Face with Paul Simon

SWISSOTEL NEUSS DuSELDORF GERMANY May 28, 2005
18. Let It Be

DISC TWO
CENTURY PLAZA HOTEL LOS ANGELES CALIFORNIA U.S.A. September 18, 2002
BRIAN WILSON

01. Introduction
02. You're Welcome
03. Wonderful - Cabinessence
04. Dance Dance Dance
05. Surfer Girl
06. Sail On Sailor
07. Heroes And Villains
08. Good Vibrations
09. I Get Around
10. Barbara Ann
11. Surfin' U.S.A.
12. God Only Knows with Paul McCartney

PAUL McCARTNEY
13. Coming Up
14. Band On The Run
15. I Saw Her Standing There
16. Blackbird
17. We Can Work It Out
18. Michelle
19. Your Loving Flame
20. Let It Be
21. Hey Jude

DISC THREE
BEVERY HILTON HOTEL BEVERLY HILLS CALIFORNIA U.S.A. September 23, 2003
JAMES TAYLOR

01. Something In The Way She Moves
02. Copperline
03. October Road
04. Mean Old Man
05. Caroline On My Mind
06. Fire And Rain
07. Country Road

PAUL McCARTNEY
08. I've Just Seen A Face
09. Things We Said Today
10. Calico Skies
11. Blackbird
12. We Can Work It Out
13. Great Day
14. Eleanor Rigby
15. Michelle
16. Two Of Us with James Taylor
17. Let It Be

SOUNDCHECK
18. Great Day
19. Comfort Of Love

DISC FOUR
CENTURY PLAZA HOTEL LOS ANGELES CALIFORNIA U.S.A. October 15, 2004
NEIL YOUNG

01. Pocahontas
02. Harvest Moon
03. Heart Of Gold
04. On The Way Home
05. Human Highway with Pegi Young
06. Old King with Pegi Young
07. Four Strong Winds

PAUL McCARTNEY
08. Drive My Car
09. Till There Was You
10. In Spite Of All Danger
11. Blackbird
12. Here Today
13. Follow Me
14. Only Love Can Break Your Heart with Neil Young
15. Michelle
16. Yesterday
17. Get Back
18. Let It Be
19. Lady Madonna
20. Baby Face
21. Hey Jude with Neil & Pegi Young

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.