【割引対象外】 DAVID BOWIE
[ David Bowie At The Boston Music Hall 1974 ]
DATE 19740716
PLACE Boston Music Hall MA U.S.A.
LABEL helden
CODE DEN-075_7
SOURCE Audience + Aud-Shot
TYPE 2CD+1DVD
PRICE ¥ 8,340
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:

《 Products Information 》

■ボウイ1974年ダイアモンド・ドッグス・ツアー!
■最新デジタル・リマスターの高音質にて完全収録!
■ツアー・ドキュメンタリー「CRACKED ACTOR」を高画質収録したプレスDVD付属!

ボウイの1974年ダイアモンド・ドッグ・ツアーは、ジギーの後に続く新しいボウイとして、全世界の期待を背負ったものであった。ところがいざステージに現れたボウイはドラッグの影響からか痩せこけ、覇気が感じられず、どことなく死相が出ているかのような状態であった。またバンドの演奏もプロとしては一流とはいえず、加えてボウイとバンドメンバー間に様々なトラブルがあったとも伝えられている。ツアーを行なうにはあらゆる面でベストとは言い難い状況であったといえる。

しかし、全体的にテンポを落とした演奏は、新しいアレンジと解釈として受け入れることが出来るし、何よりボウイが非常に丁寧に歌っているのが印象的で、現在、改めて聴くと、けして悪評を受けるような内容ではない。『DAVID LIVE』としてライヴ・アルバムを作ったくらいなので、ボウイとしては全て確信的なものではなかったかと思うのだ。ケバケバしいジギーのイメージを一掃し、新たなボウイを体現する、それがダイアモンド・ドッグ・ツアーであった。ある意味、次のシン・ホワイト・デュークに連なる過渡期にあたり、またその土台となるキャラクターが、下半身が犬で上半身が人間という、ダイアモンドの犬なのである。

本作は1974年7月6日のボストン公演を完全収録している。セットリスト的にはこの時期の定型のもので、先述の様にテンポを落とし、絶叫は控えめに、落ち着いてしっとりと歌い上げることを念頭においたパフォーマンスである。音質はオーディエンス録音ながら素晴らしいもので、それは是非サンプル音源を聴いていただきたい。また興味深いのはコンサートの最後、司会者が終演を告げるた後も鳴りやまない興奮に満ちた聴衆の歓声に応え、例のフレーズ、「デヴィッド・ボウイは既にこのビルを出ました」という言葉を発するところである。1974年はもちろんエルヴィスは晩年とはいえ存命で、このセリフが広く定番として浸透していたことが伺える。ボーナストラックとして1974年12月4日のディック・キャベット・ショウにおける3曲を収録している。スタジオ・ライヴ形式で演奏されたもので、「Footstompin’」を歌っているのが目を引く。

そして映像は1974年ツアーのドキュメンタリーである「CRACKED ACTOR」を、近年放送された高画質バージョンで収録している。1974年ツアーの貴重なライヴ映像を含むドキュメンタリーとあって、ビデオ時代から流通していたものの、その時代からは隔世の感がある高画質バージョンである。ジギースターダストのツアーは映像作品が制作され、そのサウンドトラックとしてライヴ・アルバムもリリースされたが、ダイアモンド・ドッグ・ツアーはライヴ・アルバムが先行し、映像作品はソフトとしてはついぞ制作されなかった。映像の視覚効果に早くから着目していたボウイにしては珍しく、一般にはこの時期のステージの様子を知ることは出来ない状況が続いている。そしてこのツアーの評価が定まっていない点も、この辺に理由があるのではないか。

この「CRACKED ACTOR」におけるライヴ・ステージの様子を見ると、ボウイは非常に活き活きとしており、またステージ上の演出も素晴らしいものだったというのがわかる。派手な衣装ではなく、シンプルなスーツ姿で、メイクも落とし、ほぼスッピンのボウイは、肢体をくねらせ、非常に色気あるステージングを行なっている。それは音だけでは伝わってこない、或いは誤解すらされていた1974年ツアーの評価を一変させるほどの衝撃である。電話型マイクを使って座して歌うスタイルは80年代にも行なわれていたが、このツアーの「SPACE ODDITY」にその演出の原点があったというのも、音だけではわからなかったものである。

またステージ映像だけでなく、オフ・ステージのボウイの様子もふんだんに盛り込まれている。楽屋にまでカメラは密着し、その他、移動の様子やファンに様子など、まさにステージのみではない、ツアー全体に焦点を当てた優れたドキュメンタリーとなっている。楽屋では様々な衣装を披露し、日本で作った衣装にも触れているのが嬉しいではないか。

ボウイの1974年ダイアモンド・ドッグ・ツアーより、7月6日ボストン公演を超高音質にて完全収録。オープニングのSEからエンディングの司会者の挨拶までまさに完全収録。さらにボーナストラックとして1974年のツアー・ドキュメンタリー「CRACKED ACTOR」を従来にない高画質にて収録。メインとなる演奏シーンが、いまだソフト化されていないこのツアーの様子を今に伝える貴重な映像であるだけでなく、オフステージの様子なども多数収録されており、追っかけドキュメンタリーの名作としてボウイ・ファンは必見の内容となっている。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。


サンプル音源

BOSTON MUSIC HALL MA U.S.A. July 16, 1974
DISC ONE
01. Introduction
02. 1984
03. Rebel Rebel
04. Moonage Daydream
05. Sweet Thing
06. Changes
07. Suffragette City
08. Aladding Sane - On Broadway
09. All The Young Dudes
10. Cracked Actor
11. Rock And Roll With Me

DISC TWO
01. Watch That Man
02. Knock On Wood
03. Space Oddity
04. Future Legend
05. Diamond Dogs
06. Panic In Detroit
07. Big Brother
08. Chant Of The Ever Circling Skeletal Family
09. Time
10. Width Of A Circle
11. The Jean Genie
12. Rock And Roll Suicide
13. Closing Announcement
14. “Bowie has left the building”

”THE DICK CAVETT SHOW” December 4, 1974
15. 1984
16. Young Americans
17. Footstompin'

DVD DISC
“CRACKED ACTOR” 1974 THE TOUR DOCUMENARY FILM

01. Rebel Rebel
02. Quicksand
03. Rock 'N' Roll Star
04. Ziggy Stardust
05. A Natural Woman
06. Tara's Theme
07. Cracked Actor
08. Sweet Thing - Candidate
09. Moonage Daydream
10. Changes
11. Aladdin Sane
12. Time
13. Oh! You Pretty Things
14. After All
15. Space Oddity
16. The Width Of A Circle
17. Ziggy Stardust
18. Rock 'N' Roll Suicide
19. My Death
20. Future Legend
21. Diamond Dogs
22. Right
23. John, I'm Only Dancing (Again)

”THE DICK CAVETT SHOW” December 4, 1974
24. Footstompin'

TV COMMERCIAL SPOT
25. “Diamond Dogs”
26. “David Live”

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.