QUEEN + ADAM LAMBERT
[ Magnificent Budokan Part-2 “華麗なる武道館パート2” ]
DATE 20160922
PLACE Nippon Budokan, Tokyo, Japan
LABEL XAVEL-Silver Masterpiece
CODE xavel-sms-096
SOURCE Multi IEM+Aud.
TYPE 2CD
PRICE ¥ 4,530
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:

《 Products Information 》

◆収録内容=2016年9/22日本武道館公演(ライヴ+サウンドチェック)
◆音源=マルチIEMマトリクス・ソース

クイーン+アダム・ランバートの2016年来日ツアー、東京3連日公演二日目のステージを驚愕のハイクオリティ・サウンドにて完全収録。
ステージ上で各メンバーが使用する各々ミックス・バランスの異なるIEMソース群と、レーベル・オリジナルの高品質なオーディエンス・ソースとを絶妙のバランスでステレオ・ミックス。

おなじみXAVELレーベルの手による「ライブ録音の未来型」=マルチIEMマトリクス・レコーディングの2016年最新バージョン。クイーン+アダム・ランバートとしての初来日パフォーマンスであった2014年サマソニにおいても同様のIEMマトリクス音源をリリースしているXAVELレーベルですが、本タイトルのサウンド・クオリティは完全に別次元に到達しており、2年間の進化の凄まじさをまざまざと見せつけてくれます。
サウンドボード音源特有の「粒立ち」と「クリアネス」と、極上オーディエンス音源ならではの魅力である「迫力」と「臨場感」とを併せ持つ理想的なライブ・サウンドを体感出来る会心作であります。

実に31年ぶりとなる「聖地」日本武道館におけるライブは怒涛の3連日公演、「手をとりあって」をフィーチャーしたジャパン・ツアー限定のスペシャル・ライヴは多くのファンにとって思い出深いものとなったのではないでしょうか。中日(なかび)にあたるこの日の公演は、祝日(秋分の日)であったことも手伝って、今ツアーのハイライトというべき大盛況の圧巻のライブが展開されました。
とりわけ、中盤のアコースティック・パート「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」「手をとりあって」におけるオーディエンスの大合唱の美しさは聴きものです。ブライアンのギター・ソロでは前日のサウンド・チェックからリハーサルされていた「さくら」がセットイン、そしてロジャーのソロ・パートもこの日のみ「輝ける日々」から「カインド・オブ・マジック」に変更となっています。

ボーナストラックには、この日開場前におこなわれたサウンドチェックの模様を追加収録。
プレス2CD、日本語帯つき仕様の限定生産メモリアル・アイテム。同時リリースの初日(9/21)、最終日(9/23)、そして後発予定の決定版映像にもご期待下さい。

◆Recorded Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 22nd September 2016

(Disc 1)
01. Opening
02. Seven Seas of Rhye
03. Hammer to Fall
04. Stone Cold Crazy
05. Fat Bottomed Girls
06. Don't Stop Me Now
07. Killer Queen
08. Somebody to Love
09. Love of My Life
10. Teo Torriatte (Let Us Cling Together)
11. A Kind of Magic
12. Drums Duo
13. Under Pressure
14. Crazy Little Thing Called Love
15. Another One Bites the Dust

(Disc 2)
01. I Want It All
02. Who Wants to Live Forever
03. Guitar Solo - Last Horizon /Sakura
04. Tie Your Mother Down
05. I Want to Break Free
06. I Was Born to Love You
07. Bohemian Rhapsody
08. Radio Ga Ga
Encore:
09. We Will Rock You
10. We Are the Champions
11. Closing (God Save the Queen)

Bonus Tracks;
◆Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 22nd September 2016
12. I Was Born to Love You
13. Teo Torriatte (Let Us Cling Together)
14. Guitar Solo (Sakura)

◇Personnel;
Brian May (Guitar, Vocals), Roger Taylor (Drums, Vocals), Adam Lambert (Vocals),
Spike Edney (Keyboards, Backing Vocals),
Rufus Tiger Taylor (Percussion, Drums, Backing Vocals) & Neil Fairclough (Bass, Backing Vocals)

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.