【割引対象外】 ERIC CLAPTON
[ NO REASON TO CRY SESSIONS ]
DATE 1976
PLACE -
LABEL paddington
CODE PADD-57_8
SOURCE Soundboard
TYPE 2CD
PRICE ¥ 3,580
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:

《 Products Information 》

エリック・クラプトンは多作なアーティストのひとりであろう。これほどのビッグ・ネームになると間隔が空いたりする時期があるものだが、60年代から現在に至るまで常に安定的に作品を発表している稀有な存在でもある。様々なバンドでギター・パートを担っていた末にソロ・アルバムを発表したのは1970年の事であった。ファースト・ソロ・アルバム『ERIC CLAPTON』では幾分細い声質であったヴォーカルもアルバムを経るごとに味わい深く熟成されているのが伺える。続く1974年発表の『461 OCEAN BOULEVARD』は全米ナンバー1ヒットとなり現在でもエリックの代表作とされている。このアルバムからボブ・マーリーのカバー「I Shot The Sheriff」がシングル・カットされ、これもシングルとして全米ナンバー1ヒットとなる。この成功に気を良くしたエリックは、この次のアルバム『安息の地を求めて』で大々的にレゲエを採り入れる事になる。

アルバム『NO REASON TO CRY』は1976年に発表された。前作のレゲエ調は色を薄め、ブルースを基本とした軽やかなロックといった趣で、女性コーラスをふんだんに盛り込みポップ色の強いものであった。レコーディングはカリフォルニアにあるシャングリラ・スタジオで行なわれた。陽光降り注ぐマリブの開放的な気候は作品にも色濃く反映されたものとなっている。このスタジオはザ・バンドが所有していたもので、ザ・バンドのメンバー他、ボブ・ディラン、ロン・ウッド、ビリー・プレストンなど、当時の華やかな交流から生まれた豪華なゲストと共にレコーディングが行なわれている。アルバムは大ヒットとは言えないまでも前作を上回るセールスを記録している。本作は、この『NO REASON TO CRY』のレコーディング・セッション音源を収録している。

「Sign Language」はボブ・ディランの提供による楽曲で、ここではエリックよりもディランの方がヴォーカルが目立っている。エリックも素晴らしいヴォーカリストではあるのだが、ディランの存在感の前では一歩譲らざるを得ないといったところであろうか。また同時期ディラン自身『血の轍』の名曲「愚かな風」などをレコーディングしている。またフロントの写真は別テイクで、裏ジャケットに掲載のロンウッドと並んだ写真は、エリックの服装から同じ日に撮影されたものであるのがわかる。多彩なゲストを招いてレコーディングされた『NO REASON TO CRY』セッション音源で残存が確認されているものを全て収録したタイトルである。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
ERIC CLAPTON

01. Sign Language
02. All Our Past Time
03. Country Jail
04. Carnival
05. Tried To Make The Devil Mad
06. Won’t Somebody Tell Me
07. Big River

ERIC CLAPTON with BILLY PRESTON
08. Right Now
09. Right Now

BILLY PRESTON
10. It’s Eric’s Birthday

BOB DYLAN
11. Adios Mi Corazon
12. The Water Is Wide
13. Idiot Wind

DISC TWO
VAN MOSSISON

01. Who Do You Love
02. Stormy Monday

RICHARD MANUEL
03. What Would I Do #1
04. What Would I Do #2
05. What Would I Do #3

RICK DANKO
06. Hard Times

YVONNE ELLIMAN and MARCY LEVY
07. Tenho Sede

LEVON HELM
08. Steppin’ Out

INSTRUMENTAL
09. Jam #1
10. Jam #2

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.