PAUL WELLER
[ A KIND REVOLUTION TOUR IN TOKYO-2 ]
DATE 20180123
PLACE EX Theater Roppongi, Tokyo Japan
LABEL Sylph Records
CODE SY1432
SOURCE Audience
TYPE 2CDR
PRICE ¥ 3,300
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:
大変お待たせしました!!
今なおシーン第一線で活躍し続けるUKロック界の重鎮ポール・ウェラーが、
アルバム「ア・カインド・レボリューション」を引っ提げて2年振りに来日!!

その2018年ジャパンツアーより、1月19日大阪公演(ツアー初日)と、
1月22日東京公演(ツアー3日目)、23日東京公演(最終日)を
迫力&臨場感満点の極上級/超高音質にて完全収録!!

量感タップリ&リアルに表現されたヴォーカル&楽器隊はもちろん、ステレオ感もバッチリの超ゴキゲンな最高級サウンドにて熱狂ライヴを完全再現!!また会場が一体となった臨場感や空気感も堪りません!!
もちろんシルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングも施された超エクセレントな逸品ですので、熱くさせられる事必至です!!

ライヴは、往年のソロ・ナンバーはもちろん、近年では大サービス振りのジャム&スタカン・ナンバーがオンパレードで、1stアンコールはアコースティック・セットで披露する今ツアー!!
まず初日大阪では、新作ナンバーが4曲、日替わり曲として「アバヴ・ザ・クラウズ」「スージーズ・ルーム 」「タウン・コールド・マリス(悪意という街)」「マンデー」「イングリッシュ・ローズ」等が登場!!
さすが大阪、ファンも終始盛り上がっており、兄貴&メンバーも終始ゴキゲンの白熱パフォーマンス!!
久しぶりに大阪でプレイした待望の「タウン・コールド・マリス(悪意という街)」にファンも大満足の全28曲2時間に及ぶ必聴ライヴ・ステージ!!

続く東京公演(初日/ツアー3日目)では、新作ナンバーが5曲、そしてこの日のみのプレイとなった「ザ・ウィーヴァー」「シ・インポッシブル・アイデア」「グラヴィティ」「オール・オン・ア・ミスティ・モーニング」「ホッパー」5曲のライヴ・テイクを楽しめます!!
日替わり曲では「チェンジングマン」「カモン/レッツ・ゴー」等も飛び出す、全30曲2時間10分に及ぶツアー最長、白熱/必聴パフォーマンス!!

ラスト東京公演(二日目/ツアー最終日)では、新作ナンバーが4曲、そしてこの日のみのプレイとなった「レット・イット・ビー・ミー 」「ザッツ・エンターテインメント」「フット・オブ・ザ・マウンテン」3曲のライヴ・テイクを楽しめます!!
日替わり曲では「イートン・ライフルズ」「タウン・コールド・マリス(悪意という街)」他、ジャム&スタカン・ナンバーが11曲も登場する往年のファンには堪らないキラーショウ!!
全29曲2時間に及ぶ白熱/必聴パフォーマンスです!!
「イントゥ・トゥモロウ」でのグルーヴィーなカッコイイ〜バンド・ジャムや、各公演の固定ナンバーとなった「マイ・エヴァー・チェンジング・ムーズ」「ハヴ・ユー・エヴァ・ハド・イット・ブルー」「マン・イン・ザ・コーナー・ショップ」「シャウト・トゥ・ザ・トップ」「スタート!」も、今ツアーならではのサプライズでしょう!!etc...

各公演、聴き所も満載!! ファンなら3公演・必聴間違いなし!!
シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(リヴァーシブル・フロントジャケット/ピクチャーレーベル/帯付き)&極上サウンドにてお届けする追体験・大阪・東京2DAYS決定盤!!!
至福の時間をお約束いたします!!ファン必携メモリアル・アイテムが登場です!!

お得な大阪・東京初日・東京2日目の3公演セットもご用意!!
セット限定ボーナスとして、アルバムプロモによるTV出演映像やアルバム制作ドキュメンタリー、一回だけの貴重アコースティック・フルライヴ映像や東京公演映像、他、、、などをタップリ盛り込んだ2時間12分収録のDVD付き!!
ブルーレイに迫る高画質を実現するニューテクノロジー仕様で、音声部分もマスターリングが施された極上アイテム! これは見応え十分で嬉しい限り!!

Live At EX Theater Roppongi, Tokyo January 23rd 2018

Disc-1
01. Intro(SE): Tomorrow Never Knows (The Beatles)
02. White Sky
03. Long Time
04. My Ever Changing Moods (The Style Council)
05. Nova
06. The Eton Rifles (The Jam)
07. Saturns Pattern
08. Going My Way
09. Woo Se Mama
10. She Moves With the Fayre
11. Into Tomorrow
12. Man in the Corner Shop (The Jam)
13. Have You Ever Had It Blue (The Style Council)
14. Up in Suze's Room
15. Hung Up
16. Shout to the Top! (The Style Council)
... 65'07

Disc-2
01. Let It Be Me (Gilbert Becaud)
02. The Cranes Are Back
03. 22 Dreams
04. Peacock Suit
05. Friday Street
06. Come On / Let's Go
07. Start! (The Jam)
-Encore1: Acoustic Set-
08. That's Entertainment (The Jam)
09. English Rose (The Jam)
10. Monday (The Jam)
11. Wild Wood
12. Foot of the Mountain
-Encore2-
13. From the Floorboards Up
14. Town Called Malice (The Jam)
15. Band Intro
16. Outro
17. Closing BGM: Night Train (JAMES BROWN)
... 61'31

Paul Weller : Vocals, Guitar, Keyboards
Steve Cradock : Guitar, backing vocals
Andy Crofts : Bass, backing vocals
Steve Pilgrim : Drums, Guitar, backing vocals
Tom Van Heel : Keyboards, backing vocals
Ben Gordelier : Percussion, backing vocals

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.