DEEP PURPLE
[ Going Soft ]
DATE 20040318
PLACE NAGOYA KOSEINENKIN
LABEL SYLPH
CODE SY0583
SOURCE AUDIENCE
TYPE 2CDR
PRICE ¥ 5,200
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:
新作を引っ提げて来日を果たした、ディープ・パープル2004年ジャパンツアーより、ツアー2日目、3月18日名古屋公演を超高音質にて完全収録!!基本的なセットリストは同じですが、名古屋の洗礼?により「When A Blind Man Cries」がカットされています….苦笑…が、しかし逆に「LAZY」からラストまでノリノリ・ナンバーのオンパレードっす!!アンコールは「Black Night」です。又、新加入のドン・エイリーのソロタイムも日によって違い、この日はスキヤキを演っております。マニアには堪らないのではないでしょうか!?名曲「Highway Star」「Lazy」「Space Truckin'」「Smoke On The Water」「Hush」「Black Night」では、それぞれがソロなども決めまくる、白熱バトルなども楽しめます!!ファンなら必聴のメモリアル・アイテムです!!(レビュー)大阪公演の翌日、名古屋でのステージは、アンコールを含めて基本的なセット・リストは大阪とほぼ同じ(1曲カットあり)。トピックとしては、まず「STRANGE KIND WOMAN」で前日の大阪ではイントロで音が出ていなかったスティーヴのギターの音色が聴こえる。しかしいつの間にやらイントロのメロディがオリジナルとは変わってしまっているのが悲しい。「PERFECT STRANGERS」の前でのドンのキーボード・ソロで、大阪では「六甲おろし」だったが名古屋では「SUKIYAKI SONG(上を向いて歩こう)」をプレイ。この曲は東京でもプレイされたので、やはり大阪での「六甲おろし」は特別だったようだ。そして『MACHINE HEAD』タイムのスタートを告げる「HIGHWAY STAR」は、まるでオリジナルのスタジオ・テイクのようなヴァージョンで、ナチュラル・サウンドのスティーヴのギターに若干苦しげだがギランのヴォーカルが絡む。この日はリッチー在籍時にはプレイされることの無かった名曲「WHEN A BLIND MAN CRIES」がカットされているが、これは明らかに手抜きと言えるだろう。アンコールも大阪と同じく「HUSH」と「BLACK NIGHT」。「BLACK NIGHT」はロジャーのベース・ソロから含めると約12分で大阪では約10分だったので、この日はノリが良かったのか、それとも1曲カットしたことへのお詫びのつもりか。 この日もやはり“Sylph RECORDS”から以下のタイトルがリリースされている。音質は大阪同様、クリアで迫力のあるオーディエンス録音。
Silver Tongue/Woman From Tokyo/I Got Your Number/Strange Kind Of Woman/Bananas/Knocking At Your Back Door/Contact Lost-The Well Dressed Guitar (Steve Morse solo)/Don Airey solo(incl: Sukiyaki Song - Star Wars main-theme)/Perfect Strangers/Highway Star/Doing It Tonight/Pictures Of Home/Lazy/Space Truckin'(incl:Ian Paice short solo)/Smoke On The Water/Hush/Roger Glover solo-Hit The Road Jack/Black Night

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.