JACKSON BROWNE
[ shifting currents ]
DATE 20081120
PLACE KOSEINENKIN GEIJYUTU HALL, OSAKA
LABEL SYLPH
CODE SY0962
SOURCE AUDIENCE
TYPE 2CDR
PRICE ¥ 4,800
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:
ジャクソンブラウンが新作「Time The Conqueror」を引っ提げて約4年振りに来日!!その2008年ジャパンツアーより、11月20日大阪でのライヴを迫力&臨場感満点の超高音質にて完全収録!!今ツアーは達者なプレイを披露するバンドメンバーと、ソウルフルな女性コーラス隊を引き連れてのパフォーマンス!!これが、かんなり最高っす!!新作のナンバーを中心に名曲を織り交ぜ2部構成でタップリと素晴らしい歌と演奏を聴かせてくれております!!ホント聴き応え満点です!!さらにお馴じみとなったジャクソンへのファンの掛声なども、さすが大阪ってな感じで楽しめます!!「Running On Empty」からアンコールラストまでの怒濤の盛り上がりは鳥肌ものです!!「I Am a Patriot」ではボブマリーの「Stir It Up」を挿入したりしてジャムっています。そしてファンの盛り上がりが凄かったからでしょうか?ジャクソンも超ゴキゲンで最後に「Take It Easy」をプレイ!!!バックメンバーはまだ演るのってな感じの表情だったので、予定にはなかったんでしょう!!!会場が一体となって迎えるスペシャル・フィナーレはなんとも感動的で感無量です!!2時間35分に渡る素晴らしいパフォーマンスはファンなら絶対必聴と断言!!大好評に終った2008年ジャパンツアー初日、大阪の熱い熱い一夜がリアルに蘇るメモリアル・アイテムがいよいよ登場です!!これはファンマストです!!Jackson Browne ? Vocals, Guitar, Piano Kevin McCormick ? Bass Mark Goldenberg ? Guitar Mauricio Lewak ? Drums Jeff Young ? Keyboards, Backing Vocals Althea Mills ? Backing Vocals Chavonne Morris ? Backing Vocals
DISC-ONE (1st Set) 1.Boulevard 2.The Barricades of Heaven 3.Everywhere I Go 4.Fountain of Sorrow 5.Time the Conquerer 6.Off of Wonderland 7.Live Nude Cabaret 8.Culver Moon 9.Giving That Heaven Away 10.Doctor My Eyes 11.About My Imagination (2nd Set) 12.Something Fine DISC-TWO 1.These Days 2.For Taking the Trouble 3.Lives in the Balance 4.Going Down to Cuba 5.Just Say Yeah 6.Late for the Sky 7.Far from the Arms of Hunger 8.The Pretender 9.Running on Empty (Encore) 10.The Lord out / Stay 11.I Am a Patriot (Incl:Stir It Up/Bob Marley) 12.Take It Easy

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.