JEFF BECK
[ gladiator (“2009 Japan tour”5th night in Nagoya) ]
DATE 20090212
PLACE Aichi-ken Geijutsu Gekijo, Nagoya
LABEL XAVEL
CODE xavel-021
SOURCE AUDIENCE
TYPE 2CDR
PRICE ¥ 3,980
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:
《 Products Information 》
Jeff Beckの2009年来日ツアーより、5公演目となる2/12の名古屋でのライブを、素晴らしいバランスの高音質オーディエンス録音にて完全収録。
このアイテムに収録された名古屋公演、予期せぬトラブルで中座を強いられた前日の横浜公演から一転、完璧なステージ進行のもと繰り広げられた気合満点のパフォーマンスを、会場最前方のスピーカーの目の前で録音されたド迫力のサウンドで楽しむことが出来ます。
前日の機材トラブルの怪我の功名とでも言うべき、ジェフ&タルの二人羽織状態のベース・ソロが炸裂するジャム、そしてアンコール・パートは4曲という、純粋に演奏時間だけを考えるならば、今回の来日公演中最長の入魂のパフォーマンスとなっています。
前日は文字通り急場凌ぎといった雰囲気であったジャム・パートですが、この日は中盤からフリーウェイ・ジャムへと突入するという新しいパターンへと発展しています(高音でメロを奏でるのがタル、ゴリゴリとした低音がジェフです)。

今回のツアーでは総じて低音の出音が強めの音作りとなっており、ステージから離れるほどに様々な帯域が埋もれたサウンドとなっているのですが、本作ではベストポジションからの録音であるため各楽器の音像が非常にくっきりとしており、また気合の一発録りマスターをギミック無しに用いているため耳障りな位相ずれも全く発生しないので、全編ストレスなく十分にお楽しみいただけることと思います。
Disc 1
01. intro
02. Beck's Bolero
03. The Pump
04. Eternity's Breath
05. You Never Know
06. Cause We've Ended As Lovers
07. Behind The Veil
08. Blast From The East
09. Stratus
10. Angel
11. Vinnie Colaiuta drum solo
12. Led Boots

Disc 2
01. Nadia
02. Space Boogie
03. Goodbye Pork Pie Hat
04. Brush With The Blues
05. improvisation jam (incl. Freeway Jam)
06. Blue Wind
07. A Day In The Life
08. band introduction
-encore-
09. Where Were You
10. Big Block
11. Scottish One
12. Peter Gunn Theme
13. outro

Personnel; Jeff Beck (guitar, bass), Tal Wilkenfeld (bass), Vinnie Colaiuta (drums),
& David Sancious (keyboards)

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.