Keith Emerson Band feat. Marc Bonilla
[ Malambo Tokyo ]
DATE 20081015
PLACE C.C.Lemon Hall, Tokyo
LABEL Wildlife Records
CODE WLR-015
SOURCE AUDIENCE
TYPE 2CDR
PRICE ¥ 3,980
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:
《 Products Information 》
Keith Emerson Band featuring Marc Bonillaの2008年来日ツアーより、10/15の東京公演を超高音質のオーディエンス録音にて完全収録。
そのバンド名をそのまま冠した最新アルバムを引っ提げてのファンにとっては待望となる来日公演、記念すべき幕開けの夜の全貌を伝えてくれるアイテムです
。右手の術後の苦難を乗り越え、新たなる出発を高らかに宣言するべく満を持して世に放った最新アルバムからの楽曲群を核に、「悪の経典#9」「Hoedown」「庶民のファンファーレ」といった往年のファン歓喜の楽曲を組み込んだ感動の2時間10分、中でも30分を超える時間をあてて全編演奏となった「Tarkus」等は聴き応え十分です。

この初日公演は会場の出音が今回の来日公演中一番の爆音であったため、実際に会場に足を運ばれたファンの方には不満の残る側面もあったようですが、本作では高品質のオーディエンス・マスターに入念なリマスタリングを施しており、驚くほどバランスの良いサウンド・クオリティを実現しています。
◆C.C.Lemon Hall, Tokyo, Japan, 15th October 2008

Disc 1
1. intro
2. Ignition
3. 1st Presence
4. Last Horizon
5. Karn Evil 9 1st Impression (2nd part)
6. Piano Concerto No.1 (3rd Movement)
7. band introduction
8. Bitches Crystal
9. Malambo
10. Touch And Go
11. Lucky Man
12. Miles Away part-1
13. Miles Away part-2
14. Crusaders Cross
15. Fugue
16. The Barbarian
17. Prelude To A Hope
18. A Place To Hide
19. From The Beginning

Disc 2
1. Hoedown
2. Tarkus / a) Eruption / b) Stones Of Years / c) Iconoclast / d) Mass / e) Manticore
3. Tony Pia drum solo
4. Tarkus / f) Battlefield / g) Aquatarkus
-enocore-
5. Fanfare For The Common Man (incl. Rondo & America)
6. Nutcracker (Danse de la Fee Dragee) ? Nutrocker
7. outro

◇Personnel; Keith Emerson (keyboards), Marc Bonilla (guitar, vocal), Tony Pia (drums), & Travis Davis (bass)

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.