Keith Emerson Band feat. Marc Bonilla
[ Jupiter Tokyo ]
DATE 20081016
PLACE C.C.Lemon Hall, Tokyo
LABEL Wildlife Records
CODE WLR-016
SOURCE AUDIENCE
TYPE 2CDR
PRICE ¥ 3,980
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:
《 Products Information 》
Keith Emerson Band featuring Marc Bonillaの2008年来日ツアーより、10/16の東京公演を極上クオリティのオーディエンス録音にて完全収録。
日本公演2日目となるこの日のステージ、前日と同じホールにおけるライブですが、低音部を中心とした出音のバランスが大きく改善されており、前日と比べるとキーボード、ギター等の細かいニュアンスがより鮮明に伝わってきます。
さらにこの日は会場フロント・ロウからの録音となっているため、各楽器の生音を大変鮮明に捉えており、ほどよいホールの残響も手伝ってオーディエンス録音としては最高峰と断言できる素晴しい音質による収録となっています。

セットの進行は基本的に前日と同様ながら、ホルストの組曲The Planets「木星」をモチーフにしたニューアルバム収録の佳曲「Marche Train」が新たにセットイン、Marc BonillaのEBowによるプレイが風情豊かでGoodです。
◆C.C.Lemon Hall, Tokyo, Japan, 16th October 2008
Disc 1
1. intro
2. Ignition
3. 1st Presence
4. Last Horizon
5. Karn Evil 9 1st Impression (2nd part)
6. Piano Concerto No.1 (3rd movement)
7. band introduction
8. Bitches Crystal
9. Malambo
10. Touch & Go
11. Lucky Man
12. Miles Away part-1
13. Miles Away part-2
14. Crusaders Cross
15. Fugue
16. 2nd Presence
17. Marche Train
18. The Barbarian

Disc 2
1. Prelude To A Hope
2. A Place To Hide
3. From The Beginning
4. Hoedown
5. Tarkus / a) Eruption / b) Stones Of Years / c) Iconoclast / d) Mass / e) Manticore
6. Tony Pia drum solo
7. Tarkus / f) Battlefield / g) Aquatarkus
-enocore-
8. Fanfare For The Common Man (incl. Rondo & America)
9. Nutcracker (Danse de la Fee Dragee) ? Nutrocker
10. outro

◇Personnel; Keith Emerson (keyboards), Marc Bonilla (guitar, vocal), Tony Pia (drums), & Travis Davis (bass)

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.