Lee Ritenour
[ TV Compilation ]
DATE 20061129+20080313+19800314
PLACE “EBS-Space”, Seoul, Korea+Budokan, Tokyo
LABEL Tribal Blast
CODE tb-058
SOURCE Pro-shot
TYPE 2DVD-R
PRICE ¥ 3,800
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:
《 Products Information 》
Lee Ritenourのライブ映像を3ソース、全て超高画質のプロショット・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。

まずディスク1には、Dave Grusinとの双頭バンドでおこなわれた2006年11/29の韓国・ソウルでのステージを収録。
当時の最新アルバム『Smoke ‘n’ Mirrors』からの楽曲を中心としたライブで、画質・音質ともに完璧です。
「Southwest Passage」に代表される叙情的な楽曲群の美しさは、この2人の共演ならではといえるでしょう。

続いてディスク2の前半に同じく韓国・ソウルでの2008年3/13のリトナー・バンド名義でのライブを、やはり完璧な画質と音質にて収録。
同年9月頃におこなわれた日本公演とは異なるバンド編成ですが、やはり「Rio Funk」には否が応でもテンションを上げられます、そして09年にリトナーと共に来日が予定されている美女Anne Keiとの「Is It You?」も見逃せません。

最後に、ディスク2の後半がこれまた圧巻の映像、1980年に武道館でおこなわれた”NY&LAドリームバンド”のライブ・パフォーマンスを収録しています。
若き日のDave Grusinを中心に結集したメンバーは、リトナー(若い!)、Steve Gadd(若い!)、Anthony Jackson(あまり変わりありませんが、やはり若い!)、そして(カメラが捉える箇所こそ少ないですが)Eric Galeと、正に“ドリーム・バンド”という形容がピタリとくる豪華な顔ぶれです。
画質と音質も経年による劣化をほとんど感じさせない素晴しいクオリティ、これは絶対にご覧になっていただきたい映像です!
Disc 1:◆[Dave Grusin & Lee Ritenour Band] “EBS-Space”, Seoul, Korea 29th November 2006
1. Interview 2. Waters Edge 3. A Little Bumpin 4. Southwest Passage 5. Smoke 'n' Mirrors
6. Ocean Ave 7. Dave's Solo 8. Interview 9. Get Up Stand Up
◇Personnel; Dave Grusin (keyboard), Lee Ritenour (guitar),
Melvin Davis (bass), & Oscar Seaton (drums)

Disc 2:◆[Lee Ritenour Band]“EBS-Space”, Seoul, Korea 13th March 2008
1. intro 2.Night Rhythms 3. Forget Me Nots 4. Rio Funk 5. Is it You ? (with Anne Kei & Jack Lee)
◇Personnel; Lee Ritenour (guitar), Patrice Rushen (keyboards),
Melvin Davis (bass), & Will Kennedy (drums)

◆[N.Y. & L.A. Dream Band] Tokyo Connection Live, Budokan, Tokyo, Japan 14th May 1980
1. Countdown 2. Mountain Dance 3. Anthem Internationale
◇Personnel; Lee Ritenour (guitar), Dave Grusin (keyboards), Steve Gadd (drums),
Anthony Jackson (bass), Eric Gale (guitar) and more...

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.