DREAM THEATER
[ AN EVENING WITH “DT” : TOKYO 1st Edition ]
DATE 20141020
PLACE Zepp Tokyo, Tokyo, Japan
LABEL XAVEL-Silver Masterpiece
CODE xavel-sms-038
SOURCE Multi IEM+Aud
TYPE 3CD+1DVDR(Limited)
PRICE ¥ 5,280
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:

《 Products Information 》

◆収録内容=2014年10/20 ZEPP東京
◆音源=マルチIEMソース+オリジナルAUDソース=マトリクス・レコーディング

Dream Theaterの2014年来日ツアーより、Loud Park 2014に続く二日目、10/20ZEPP東京公演を、極上音質のオーディエンス録音ソース&マルチIEM(イン・イヤー・モニター)マトリクス録音にて完全収録したアイテムが限定プレス盤で登場!
前日のラウパ公演の倍にも及ぶ3時間の熱演を、場内PA卓付近から録音された極上オーディエンス・マスターとペトルーシ、マンジーニ、ルーデスの使用するIEM、さらにはラブリエが使用しているワイヤレスマイク・ソースをミックスし丁寧にマスタリング。 一曲ごとにミックス・バランスも調整し、オフィシャル盤さながらのクオリティを実現。

各楽器の分離感、定位感ともに満点で、5人のプレイの細部に至るまでを非常に解像度の高い極上サウンドで捉えています。 とりわけペトルーシのギターの演奏の近さ、そのリアルさは特筆に値するもので、これは他のいかなる音源でも決して真似することの出来ない、XAVEL盤ならではのミラクルな音質と断言します。
破竹の勢いを見せるXAVELレーベルの“マルチIEM+AUD”マトリクス音源、視聴可能なお店であれば是非聴いてみてください!凄すぎます!!

大阪公演を収録した「AN EVENING WITH “DT” : OSAKA(XAVEL-HM-035)」では一人だけ風呂場で歌っているかのような風情であったラブリエもついに風呂場から帰還。 迫力・バランスともに3公演中最高と断言できる最高の出来に仕上がりました。
冒頭のイントロからライブ終了まで(間の休憩時間も含めて)完璧なバランスのマトリクス音源として収録されている本編に加え、ボーナストラックとして、Loud Park 2014公演で演奏されていた(この日はセット落ちしています)「Pull Me Under」をリミックス収録。 こちらは「IN THE PARK WITH “DT”(XAVEL-HM-034)」とはミックス・バランスを変え、ラブリエのヴォーカルがより前面に出る仕上がりになっています。

さらに初回出荷分にはこの東京公演でペトルーシが演奏したギター・ソロをダイジェスト編集したボーナスDVD-Rが付属。 超美麗な映像で収録された超人的なギター・ソロには度肝を抜かれることでしょう。
セカンド・エディションからはDVDは付属しませんので、ご注意ください。

◆Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 20th October 2014
[Multiple IEM Sources + EX-Audience Source = Matrix Recording]

(Disc 1)
1st Set:
01. Intro SE / 02. False Awakening Suite /
03. The Enemy Inside
04. The Shattered Fortress / 05. On the Backs of Angels / 06. The Looking Glass / 07. Trial of Tears / 08. Enigma Machine

(Disc 2)
01. Along for the Ride /
02. Breaking All Illusions
03. Intermission / 04. Film /
2nd Set: / 05. The Mirror / 06. Lie / 07. Lifting Shadows Off a Dream / 08. Scarred / 09. Space-Dye Vest

(Disc 3)
01. Illumination Theory /
Encore: / 02. Overture 1928 / 03. Strange Deja Vu / 04. The Dance of Eternity /
05. Finally Free
06. Show Closing

Bonus Track; ◆Saitama Super Arena, Saitama, Japan 19th October 2014
[Multiple IEM Sources + EX-Audience Source = Matrix Recording]
07. Pull Me Under(Remix)

◇Personnel; /  James LaBrie (lead vocals) / John Petrucci (guitar, backing vocals) / Jordan Rudess (keyboards) / John Myung (bass) / Mike Mangini (drums)

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.