DREAM THEATER
[ HOPELESS SURRENDER ]
DATE 20020412
PLACE KANAGAWAKENMINKAIKAN
LABEL SYLPH
CODE SY0117
SOURCE AUDIENCE
TYPE 2CDR
PRICE ¥ 5,400
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:
2002年ジャパンツアーより、初日4月12日神奈川公演を臨場感満点の超高音質にて完全収録!!ライヴは二部構成で、42分の大作「Six Degrees Of Inner Turbulence」の完全再現を披露しています。この日の聞き所は、懐かしい「Surrounded」「Another Hand/The Killing Hand」の93年「Live At The Marquee」メドレーでしょう!!特に「6:00」「Beyound?」「Misunderstood」ではメンバーの超絶プレイによるソロ&インタープレイの応酬、そしてハイテンションでスリリングなJAMにはホントしびれます!!「Lie」では”TOOL”風?のヘヴィなジャムが展開されており、「Take The Time」での壮絶バトルも圧巻の一言です!!バラード「The Spirit Carries On」もヴォーカル、ラヴリエの素晴らしい歌声と表現力には、ファンも涙ものでしょう。終始、一糸乱れぬ演奏と飽きさせないアイデアが一杯詰まったパフォーマンスは聞き応え満点!!しかも2002ツアーはセットリストが結構違っていますのでファンにはどの公演も外せないでしょう!!ファン必聴間違いなしです!(レヴュー/□はSETLIST参照)セットリストは基本パターンAで、Disc1 ?、? (今回のツアーではDerek Sherinian在籍時のバージョンを更にゴージャスにしたものが演奏されている) といった長尺曲や「TOOL Jam」と題されたTOOLっぽい演奏を挟んだDisc1 ?などを含み、ショウは2時間半に及んだ。Disc1 ?は来日前も2回しか演奏されていなかったが、来日公演中でもこのショウのみ。また、新作1枚目からの「もう一曲」は「Misunderstood」。締めのDisc2 ?にはRUSHの「Working Man?By-Tor And The Snow Dog」メドレーが挿入されている。ソースのオーディエンス録音の録音ポイントが左側だったらしくキーボードとベースのバランスが大きいが、全体としては臨場感にあふれた高音質といえる。なお、Disc1 ?冒頭でJohn Petrucciのギター・トラブルあり。
The Glass Prison/6:00/Beyond This Life/Surrounded/Another Hand-The Killing Hand/Misunderstood/Lie(Tool Jam)/Peruvian Skies/Pull Me Under/Six Degrees Of Inner Turbulence/The Spirit Carries On/Take The Time(Working Man ByTor)

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.