NICKELBACK
[ BAYSIDE ANIMALS ]
DATE 20190206
PLACE Zepp Osaka Bayside, Osaka Japan
LABEL Sylph Records
CODE SY1476
SOURCE Audience
TYPE 2CDR
PRICE ¥ 3,480
このアーティストの他アイテムを見る
⇒数 量:
カナダが誇る世界的モンスターバンド、ニッケルバックが
9作目アルバム「フィード・ザ・マシーン」を引っ提げて来日!!
昨年のサマソニから半年振りにスタートさせた、
記念すべき2019年ワールドツアー初日、2月6日大阪公演を
ド迫力&臨場感満点のサウンドボード並/極上級/超高音質にて完全収録!!


量感タップリ&リアルに表現されたヴォーカルとギター、パワフルなリズム隊の分厚い低域、更にはステレオ感もバッチリな文句無し超カッコイイー・激熱サウンドにて至福ライヴを完全再現!!
また会場丸ごと真空パックしたかのような空気感や、鳥肌もの大歓声も堪りません!!
もちろんシルフ・レーベルならではの丁寧なマスターリングも施された超エクセレントな逸品!!
いやーこれは熱くさせられる事必至でしょう!!

ライヴは、9作目アルバムからは「フィード・ザ・マシーン」1曲のみで、あとは往年の名曲達がオンパレードな驚きのセットリスト!!
各公演2曲が日替わりとなっており、この日は「ホエア・ドゥー・アイ・ハイド」と「イフ・エヴリワン・ケアード」を披露!!
アルバム「オールザ・ライト・リーズンズ」好きファンには嬉しい6曲がプレイされております!!

またライヴ・バンドならではの彼らだけに、「ロックスター」の前ではライアンがジェイソン・ムラーズの「アイム・ユアーズ」をアドリブでちょこっと歌ったり、チャドがライアンのヒゲをカントリー歌手かZZトップみたいとイジったり、ファンの「ファ○キン」発音をしつこくイジったり、ファンにはお馴染みブラッドリーに酒の催促でイジったり(「カンパーイ!」4回もやってます..笑)と、イジリまくるチャドMCも楽しめます!!etc...
もちろんグルーヴ感満点のタイトなバンド演奏も最高の一言!!
1時間40分に及ぶ圧巻パフォーマンスは、ファン必聴と断言!! 至福の時間をお約束致します!!
シルフ・レーベルが美麗ジャケット・ワーク(ピクチャーレーベル/帯付き)&極上サウンドにてお届けする追体験・大阪公演決定盤!! ファン必携のメモリアル・アイテムが登場です!!

Live At Zepp Osaka Bayside, Osaka Japan February 6th 2019

Disc-1
01. Opening BGM: When The Levee Brreaks (Led Zeppelin)
02. Intro
03. Feed the Machine
04. Woke Up This Morning
05. Photograph
06. Far Away
07. Savin' Me
08. Where Do I Hide
09. Something in Your Mouth
10. If Everyone Cared
11. Figured You Out
12. Someday
... 56'04

Disc-2
01. Lullaby
02. Animals
03. When We Stand Together
04. I'm Yours (Jason Mraz)(Ryan on Vocals)
05. Rockstar
06. Gotta Be Somebody
07. How You Remind Me
-Encore-
08. Million Miles an Hour
09. Burn It to the Ground
10. Outro
... 49'42

Chad Kroeger - lead vocals, guitar
Ryan Peake - guitar, keyboards, vocals
Mike Kroeger - bass
Daniel Adair - drums, backing vocals
Tim Dawson (Timmy) - Support Guitar

 

 

CLOSE

 

GO TO TOP

Copyright(C) - Phantom On-line - All Rights Reserved.